Top
小林節氏が真意を語る 「残された選択肢は第3の旗のみ」 – 国民怒りの声
fade
3745
single,single-post,postid-3745,single-format-standard,eltd-core-1.0,original-ver-1.0,,eltd-smooth-page-transitions,ajax,eltd-grid-1300,eltd-blog-installed,page-template-blog-standard,eltd-header-vertical,eltd-sticky-header-on-scroll-up,eltd-default-mobile-header,eltd-sticky-up-mobile-header,eltd-dropdown-default,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11.2.1,vc_responsive
国民怒りの声 / ALL  / 小林節氏が真意を語る 「残された選択肢は第3の旗のみ」
News

小林節氏が真意を語る 「残された選択肢は第3の旗のみ」

nikkan-gendai.comより、小林節氏が真意を語る 「残された選択肢は第3の旗のみ」というタイトルの記事をシェアさせていただきます。
 

違憲の安保法による立憲主義の破壊は許さない――。野党共闘による安倍政権打倒を最前線で訴えてきた憲法学者の小林節氏が、政治団体(国民怒りの声)を立ち上げ、参院選に自ら出馬する。比例区でのオリーブの木構想が頓挫し、やむにやまれぬ決断だというが、その真意は。そして勝算はあるのか。直撃して聞いた。

 
記事はこちら >

国民怒りの声国民怒りの声
国民怒りの声
No Comments

Post a Comment